株式会社サンセイランディックの評判を実際に買取査定をしてレポートします

4.0
株式会社サンセイランディックの評判を実際に買取査定をしてレポートします 底地買取業者比較

『株式会社サンセイランディックの評判を実際に買取査定をしてレポートします』

ライター坂本が、株式会社サンセイランディックについての口コミや評判、噂について分析・検証していきます。無料電話相談を利用してみた結果をまとめ評価しています。

会社概要

会社名 株式会社サンセイランディック
東証第1部・証券コード3277
所在地 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル5階
代表者 代表取締役 松﨑 隆司
資本金 818,435,600円・売上高193億円
設立 昭和51年2月  従業員数 157名(2020年3月期)
最寄駅からのアクセス 東京駅丸の内口丸の内ビル隣り
電話 03-5252-7511(代表) 0120-032-572
HP https://www.sansei-l.co.jp/

 

事業内容について

主な事業

権利関係が複雑な不動産を買い取り関係を調整した上で再販する事業形態

 

代表者

松﨑隆司社長(自社株15.61%で筆頭株主)

1993年5月 入社
1996年4月 土地事業部第二課課長
2000年4月 土地事業部部長
2001年4月 営業第一部部長
2002年12月 営業本部長
2003年7月 代表取締役社長(現任)

 

会社の強みと特徴・サービス内容

同社は昭和51年の創業以来、底地や居抜き物件における権利調整や、不動産の再生・売買・管理などの事業を行ってきました。

同社は平成23年に底地ビジネス業者としては初めてJASDAQ市場への株式上場を果たし、 平成26年12月に東証第1部に昇格しています。

同社の強みは底地ビジネスに独自のノウハウを持つことで、一つの土地に対して所有者と利用者が異なるなどの底地の権利を調整し、新たな価値を創り出し再販しています。

例えば、借家人のいる古い建物・古い賃貸物件については移転先の紹介などを行った上で、土地の有効活用につなげています。
つまり、同社は底地ビジネスで独自のノウハウを活用していると言えますが、それは地主・借地権者と同社それぞれがウィン・ウィン・ウィンの信頼関係を構築できるような権利調整ができていることを意味します。

現在、同社が手掛けるのは年間500~600世帯分ほどということで、未だ国内には約117万世帯の借地が存在しているということから、同社ビジネスが拡大する余地はある様です。

 

同社のサービス内容は以下の通りです。

底地(貸宅地)のお悩み解決
借地権のお悩み解決
老朽化賃貸物件の買取り
底地(貸宅地)の管理〈オーナーズパートナー〉
建物の管理
不動産コンサルティング

 

ネットの口コミ評判

yahoo知恵袋

サンセイランディック 3277は投資対象としてどう思いますか?権利関係が複雑な土地を買い取り住宅として、販売・権利関係が複雑な土地は大手は手間がかかりやらないからニッチで競合相手が少ないらしいですが、今は高齢化で権利関係の複雑な土地が増えているみたいですね

 

まあ競合が少ないって意味ではいいんでしょうが、結局天井は見えてるニッチ商売ですね。
それで利益率がちょー高いっていうんだったらまだしも、これなら大規模開発の方がぜんぜん利益率高い。悪いとは言いませんが、株式の評価としては普通だと思います

 

 

社員の口コミ

競合に比べて優れている点は底地業界で、固定給・交通費が頂けること。知名度が高い事など

https://en-hyouban.com/company/10004576294/kuchikomi/

年収は比較的高い方ではあります。チームの成績で賞与がついたりしますので安心はできます。賞与は高い方です

https://syukatsu-kaigi.jp/companies/90039/word_mouths

 

電話調査の内容

サンセイランディックさんですか?

はい、サンセイランディック・底地コンサルタントの○○です。

(若い女性コンサルタントが直ぐに電話に出ました)

底地物件の売却相談で電話したのですが?
担当者の方はいらっしゃいますか?

はい、私、底地コンサルタントの○○と申します。
お客様、お名前をお聞きしてもよろしいですか?

はい、坂本と申します。

坂本様、どの様なご相談でしょうか?

(明るい感じの綺麗な声の女性コンサルタントです)

はい、底地の売却を考えています。

底地物件の売却相談ですね。
物件のご住所はどちらになりますか?

物件は中野本町になりますが、
この様な相談は初めてなので業者を探しているところです。
一応、ネットで調べましたが知らない会社ばかりで・・・
その中でサンセイランディックさんは上場企業なので電話しました。

ありがとうございます。
弊社は借地権・底地業界では最大手と自負しています。

まず、一般的な手続の流れをお聞きしたいのですが?

はい、まず、物件の住所などの詳細を頂ければ、
通常、1週間程度で査定させて頂きます。
ただ、現在はコロナの影響で査定が2~3週間かかっています。

コロナでも底地の買い取り事業は行っているのですね?

 

はい、通常よりも少し時間を頂いていますが、
底地の買い取り事業は行っています。
そして、査定が出て金額に問題なければ契約となりますが、
権利関係や境界などに問題がないかのチェックが行われます。

そうすると、何も問題が無い場合、査定・調査・契約・引き渡しに、
何週間くらいかかりますか?

 

今は実質的に1ヶ月くらい掛かっていますが、
先程、申し上げた権利関係や境界などに問題が見つかった場合、
引き渡しまでに2~3ヶ月を要するケースも見受けられます。

(少し頼りない感じですが、一応、要点は解りました)

手順は解りました。
もう1つお聞きしたいのは御社が引き受けられない物件とは、どんな物件でしょうか?

 

はい、まず、遠隔地の物件は引き受けられない場合がります。
弊社は全国展開しており札幌から福岡まで支店がありますが、
札幌市以外の物件や九州で言えば福岡市以外は難しくなっています。
沖縄も対象外となっています。

他に何かありますか?

 

あと、再開発が予定されている地域の物件も引き受けられない場合があります。
それと、地主と借地権者が地代などで揉めている場合などです。

最後にお聞きしたいのは、やはり、価格のことです。
地主にとっては髙く買い取って貰うのが一番ですから・・・

 

弊社は買取価格には自信を持っています。

(少し自信が無い様に感じました)

具体的にはどんな感じですか?

具体的には物件の査定をしないと申し上げられませんが・・・

お聞きしたいのは一般的に大手は契約などに心配ありませんが、
買い取り価格は余り高くないですよね?

 

そうですかね、具体的に実勢価格が1,000万円としますと、
地主の持ち分を4割で400万円となります。
底地の場合、その2割から5割という感じですね。

つまり、80万円~200万円の間ということですか?

 

そうですね。

最後にもう1つなんですが、
御社の場合は全て買い取り決済となりますか?

 

はい、全て買い取り決済ですが・・・

中には買い取り金額が決まってから買い取り先を探す様な業者があると聞きました。
その場合、買い取り先が見つからないと契約がご破算になるそうですね?

 

弊社ではその様な決済方法は行っていません。
査定に出す前によく確認した方が良いですね。

はい解りました。
今、業者を選んでいる最中ですので、改めて連絡させて頂きます。
長々とありがとうございます。

 

はい、ご連絡をお待ちしています。
よろしくお願い申し上げます。

 

 

総合評価

総評(5段階評価・☆☆☆☆☆が最高レベルで☆が最低レベル)

 

総合評価

査定スピード

買取対象の物件

提案力・サポート力

スタッフの対応

 

 

 

総評コメント

サンセイランディックは昭和51年の創業以来、底地居抜き物件における権利調整や、不動産の再生・売買・管理などの事業を行ってきました。

特に、底地や居抜き物件買い取り・権利調整・再販というビジネスをメイン事業としては取り入れ、平成23年に底地ビジネス業者としては初めてJASDAQ市場・平成26年に東証第1部に昇格しました。

つまり、サンセイランディックは 底地(土地権利整備)事業のリーディングカンパニーと言えます。

一般的に地主が底地の買取業者を選ぶポイントとしては

「業歴が長い会社が信用できる」
「底地の買取実績が豊富である」
「買取りまでの日数や金額が明記されている」

が重要ですが、サンセイランディックは3つのポイントにおいては揃っている会社と考えられます。

ただ、電話に出た女性社員は親切に質問に答えてくれましたが、それほど実務経験がない様な印象で余り説得力を感じませんでした。特に、買い取り価格については余り自信がない様な印象を受けました。サンセイランディックに査定を出しつつ、他社の査定も参考にした方が良いと考えられます。

The following two tabs change content below.
元不動産営業マン坂本

元不動産営業マン坂本

大手証券会社⇒不動産会社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。主に、広い意味での金融分野を執筆。得意分野は株式投資、カードローン、債務整理、不動産など。 相続した物件を一斉売却した経験をもとに、事実に基づいた的確なアドバイスをモットーとしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました